ネットワークビジネスとねずみ講の違い。真相を探るために調査した! | 口コミ苦手でもダウン誕生!友達に嫌われないMLMオンライン集客法

ネットワークビジネスとねずみ講の違い。真相を探るために調査した!

ネットワークビジネスとねずみ講の違い。あなたは説明できますか?

ネットワークビジネスとねずみ講って違いがわかりにくく、勧誘方法や仕組みが似ているからか…

「ねずみ講でしょ?」
「怪しいビジネスじゃないの?」

このように、世間ではネットワークビジネス=ねずみ講という図式が成り立っている現実。

相手にネットワークビジネスはねずみ講だと勘違いされたとき、頭の中で違いはわかってるはずなのに上手く説明できなくて困っている方が多いはず。

そんなお悩みを持つ方のためにネットワークビジネスとねずみ講の特徴と違い、法律的な面について調査し、記事にしてみました。

ねずみ講の特徴とは?深く掘り下げていくと…

まずはねずみ講の特徴ですが、入会金を一度支払うだけが目的のマネーゲームとなっています。

つまり、金銭の受け渡しのみで、商品を介することはありません。

この点がネットワークビジネスとの違いです。

商品を介さず金銭の受け渡しのみが目的というのは、ねずみ講とネットワークビジネスの違いとしてわかりやすいと思うのは私だけでしょうか?

ねずみ講というのは俗称であり、正式には『無限連鎖講』と呼ばれています。

ねずみ講の定義は以下のようになっています。

組織の会員になるには、(紹介者への)金品の支払いが必要であり、自分が会員になると次は、一人会員を増やすごとに、紹介料として「一部の金品」を得ることができる。
そうやって、親会員から子会員へ、子から孫へと無制限に増殖していき、一番上の親が最も儲かるシステム

また、ねずみ講の大きな特徴として、基本的には創始者(一番最初に始めた人)だけが多く稼げる仕組みとなっています。

後から始めた人ほど、創始者の収入を抜くことは出来ない仕組みで、個人の頑張り関係なく収入は減少していくというのもねずみ講の特徴です。

何故ねずみ講が創始者の収入を抜くことが出来ないかというと…

組織によってパターンの違いはありますが、全体の利益の半分を創始者と初期メンバーで分け合い、半分を残りのメンバーで分配しているシステムになっているからです。末端の人は利益を搾取されます。

ねずみ講は後から始めるほど利益が出ない仕組みで損しかないと思うと…不平等ですよね。

そして、ねずみ講は勧誘出来る人がいなくなった瞬間に破綻します。

勧誘して会員を増やし、入会費を搾取しなきゃいけなくなる。

つまり、永久に会員を増やし続けなければならず、日本の人口で勧誘出来る人がいなくなれば…あっという間に破綻してしまうのです。

ねずみ講(無限連鎖講)は法律で禁じられている

日本では、ねずみ講は、法律によって禁止されています。

1978年に「無限連鎖防止法」というねずみ講を取り締まる法律ができました。

ねずみ講を開設・運営することはもちろん、ねずみ講に加入・勧誘すること、

また、これらの行為を助長する行為も禁じられています。

罰則内容としては、下記のように記述があります。

  • 無限連鎖講を開設、又は運営した場合は「3年」以下の懲役もしくは「300万円」以下の罰金になる
  • 反復継続的に、無限連鎖講に加入することを勧誘した場合は、「1年」以下の懲役または「30万円」以下の罰金になる
  • 無限連鎖講に加入することを勧誘した場合は「20万円」以下の罰金

要するに、ねずみ講に加入しただけで違法です。罰金刑となります。

ねずみ講はれっきとした違法行為で犯罪です!

ねずみ講やマルチと言われる…。その悩み、あなたが悪いのではなくやり方が合わないだけかもしれませんよ?

ネットワークビジネスはねずみ講・マルチ商法だと呼ばれているが…

ネットワークビジネスの話を切り出すと、友達に必ずといって良いくらい「ねずみ講」あるいは「マルチ商法」と言われることが多いと思います。

ネットワークビジネスは違法なのでしょうか?

結論からいうと、ネットワークビジネスそのものは違法ではありません。

また、ネットワークビジネスは別名マルチ商法・MLM(マルチレベルマーケティング)と呼ばれており、合法のビジネスです。

えっ、マルチ商法ってねずみ講じゃないの?違いって何?

と思われたかもしれません。

確かに、ネットワークビジネス(マルチ商法)もねずみ講も、ピラミッド状のような組織の広がり方や勧誘方法など、よく似ていて違いがわかりにくいでしょう。

しかし、ネットワークビジネスは商品の流通があり、ねずみ講には商品がありません。

ネットワークビジネスは収入の範囲が決まっており、後から参加した人でも頑張り次第で最初に始めた人の収入を超えることもあるのです。前章で述べたねずみ講の特徴とは明らかに違いますね。

商品の有無、収入の範囲が無限か決まっているか、という違いがわかりやすいかと思います。

ネットワークビジネスはねずみ講と違って最初に始めた人だけが収入が多くなるとは限らないのです。

ところが、特定商取引法という法律を一部の人が守れていないからか…

世間ではネットワークビジネスの評判やイメージの悪さからねずみ講や悪徳商法、悪徳商法=マルチ商法だと勘違いする人が多くなったと思われます。

また、商品はあるものの…100円のツボが5万円といったような商品の価値に見合わない高額な価格で販売する悪徳マルチ商法(マルチまがい商法)は特定商取引法から逸脱した立派な犯罪行為です。

ネットワークビジネスは悪徳マルチ商法と混同される風潮もあって、ますますネットワークビジネスのイメージが悪くなっていったように感じます。悲しいことですけどね…。

では、ネットワークビジネスで特定商取引法を守れていないとは具体的にはどのようなことを指すのかというと…

  • 契約時、概要書面の提示がない
  • 「すごい人に会わせたい」と、ネットワークビジネスの勧誘が目的だと告げない
  • 「誰でも稼げる」といった誇大な表現
  • 断っても執拗な勧誘をする

など、客観的に考えると怪しいと思われかねない行為だということがわかります。

ただ、特定商取引法の厳しいルールを認識しておらず、ほとんどの方がアップからの指示で悪気なく行っているのかもしれませんし、アップも悪気はないのかもしれません。

こうしたことから、ネットワークビジネスは「ねずみ講ではない」と違いをいくら説得しても相手への誤解を解きづらいのが現状です。

ネットワークビジネスの本来あるべきビジネスモデルとは?その魅力に迫る!

ネットワークビジネスの本来のビジネスモデル、魅力とは何でしょうか?

それは以下の二つだと言われています。

  1. 人に影響力を与えて信頼関係を築くことができる
  2. 人から人へ伝えることで報酬が得られる

ネットワークビジネスは広告費を削減する代わりに、人から人へ商品の魅力を伝えますよね。

「あなたがオススメするんだったら購入したい!」と、相手に思ってもらえるか…

いわば影響力です。

商品を自身で体感し、魅力を伝えて相手に理解してもらえるのは容易ではありません。

しかし、熱意をもって商品の魅力を伝えればネットワークビジネスのことを理解してくれる人と出会えますし、自信にもつながり愛用者の輪が広まることでしょう。

次に、人から人へ伝えることで報酬が得られる仕組みですが…

通常、サラリーマンなどの労働収入は時間を拘束されながらも働いてお金を稼ぎますよね。

もちろん、病気になったりして働かなかった分、収入は途絶えます。

ところが、ネットワークビジネスはダウンを育て上げて組織を広げていくと、それほど働いてなくても報酬が支払われるようになります。

いわば権利収入ですよね。

直ダウンがあなたの努力している姿に影響されてダウン育成するようになると、あなたの努力だけでなく、ダウンの努力もあなたの成果として報酬という形で表れるんです。ここが労働収入との違いです。

才能も資金力もない、ごく普通のサラリーマンや主婦でも、権利収入が得られると思うと…魅力的なビジネスモデルだと思いませんか?

このように、ネットワークビジネスはねずみ講と違って、人と人のつながりで権利収入と時間の両方を手にすることができるビジネスモデルだと私は思っています。

まとめ

ネットワークビジネスとねずみ講の違い、理解できましたか?

  • ねずみ講は金銭受理のみが目的のマネーゲーム、参加しただけで違法
  • ネットワークビジネスは商品を流通させる合法のビジネス
  • ネットワークビジネスとねずみ講は勧誘方法、組織の広がり方がよく似ているために勘違いされやすいが、商品の有無と収入の範囲が無限か決まっているか…という違いがある

日頃からネットワークビジネスとねずみ講、それぞれの特徴をしっかり把握して知識を付けていきましょう。

あなたの努力次第でネットワークビジネスをねずみ講だと勘違いしている人にも正しく理解されていき、ビジネスチャンスの可能性も大きく広がるかもしれませんね。